三宅島クライミングの注意点

岩場の構成と登攀の注意点
岩は完全に城ケ崎のものと一緒です。硬い安山岩にクラックが発達し、所々に巨大な前傾壁がせり出しています。岩壁部分の高差は20~30m、幅約200m。左端の洞窟をくぐった先にはもう一つ、高さ10~20m、幅50mほどの岩場があり、こちらはさらに全体がハングで構成されています(黒潮ウォールと命名)。

ただし、これらの岩壁の上にはほぼ垂直の草付帯が10mほど切り立ち、さらにその上は道も何も無いササヤブが広大に広がっています。つまり上からのアプローチはほぼ不可能ということで、開拓は下からのグランドアップに頼るしかありません。

もっとも、前述したようにクラックはたくさんあるので、それらを登って終了点にボルトを打つことは容易です。実際、我々もそうやって4本のルートを初登しました。岩壁終了点は多くがテラスになっていますが、そのあたりはガビガビの溶岩石なので、そこまで抜けず、岩壁終了手前にボルトを打てば良いと思います。

また、そのテラスは野鳥が営巣していることも多いので、その意味でも登攀はその下で終了するようにした方が良いでしょう。ボルトはもちろんステンレスが絶対です(我々はステンの持ち合わせが少なく、数箇所は鉄のロックアンカー+アルミハンガーで済ましてしまいました。誰か再登される方がいましたら、打ち変えてください)。

その他の注意点は以下のとおり
・火山ガス発生の為、島ではキャンプ禁止です。民宿を利用してください。
・この浜はウミガメの繁殖地の可能性があり調査中です。繁殖が確認されたら、その期間中は入浜自粛をお願いします。
・ここはまた、貴重な野鳥の繁殖地でもあります。鳥の繁殖期で、巣があるときはその周辺のルートは開拓しない、もしくは登らないで下さい。
・ゴミの持ち帰りは徹底してください。
・トイレ(大の方)は港で済ませてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>