ボルト

先日全ルートをチェックした際に、PO壁奥エリアの “まずはここから。”(5.8) というラインの脇に RCCボルトが打たれていました。

プロテクションが取れるクラックの脇に打たれていることも意味不明ですが、RCCボルトという、強度的に現代のフリークライミングには余り適さない前時代的なボルトという点も謎です。

現在では販売されておらず、日本のクライミング界隈でしか使われていなかったことより、釣り人が打ったとも考えにくい状況です。

ルート開拓は自由にしていただいて構いませんが、ボルト等の人工物は三宅島でも問題視されているため、原則は終了点以外のボルトを打つことは避けてください。

また、ボルトを打つ際にも、フリークライミングの使用に適した、M12/90mm のグージョンボルトかケミカルアンカーを施工するようにしてください。

P.Oウォール, クライミングをされる方へのお願い | コメントを残す

地震による岩場への影響

各岩場を回り、4月に起きた三宅島近海での地震の影響をチェックしました。

【釜の尻ボルダー】
特に異常なし。問題なく登れます。

【立根ボルダー】
“パピロ” の後ろの崖が少し崩れたものの、ボルダーにはほとんど影響なし。荷物等はボルダーから少し離れた場所に置くようにしてください。

【冨賀浜】
手前の崖と奥の洞窟の一部が崩壊したものの、アプローチやクライミングエリアには問題なし。

【PO壁】
滝の周辺が大崩壊し、滝のすぐ左の “PO壁右エリア” の 5ルート(しまとう、V字クッキー、オスプレイ、三宅マントル、スダジイ探し) が消失しました。

また、”海苔弁” の下部、”積木くずし” の中間部の巨大な浮き石も崩壊しましたが、ルート自体は残っており、浮き石が多く砂っぽいですが、問題なく登れます。
“海苔弁” 関連のスタートは、新たに出現した岩塔に乗ってスタートとなります。

“スダジイ探し” の終了点が残っていたため、”海苔弁” から “スダジイ探し” の終了点へ派生するライン(“海苔弁探し”) を登ってみました。

“海苔弁” 関連と “積木くずし”、”火と汐” にはまだ浮き石が多いため、登る際には十分注意してください。今後浮石は掃除する予定です。

新しいグレードは以下の様な感じです。
① 海苔弁探し 5.10a
② 海苔弁ダイレクト グレード不明
③ 海苔弁 5.10a
④ 積木くずし 5.10a
⑤ 火と汐 5.11b

【黒潮壁】
手前で少し落石があったようですが、クライミングエリアには問題ありません。

P.Oウォール, クライミングをされる方へのお願い, ボルダリングエリア, 冨賀浜, 新着情報, 黒潮ウォール | コメントを残す

地震の影響

4/17の地震により、現在 PO壁と冨賀浜のエリアで崖崩れが確認されています。

現状、岩場への立ち入りは非常に危険性が高いため、ある程度の安全が確認されるまでは近寄らないでください。

詳細が分かり次第、このブログでまた報告いたします。

三宅島でのクライミングを楽しみにされていた方には非常に残念なお知らせですが、岩場がなくなってしまったわけではありませんので、クライミングが再開できる日まで今しばらくお待ち下さい。

クライミングをされる方へのお願い | 1 Comment

PO壁の崩壊跡

崩壊跡を確認しにPO壁に行って来ました。

残念ながら、PO壁右エリアの「しまとう」「V字クッキー」「オスプレー」は登れなくなってしまいました。「三宅マントル」と「スダジイ探し」は登れます。

また、そのすぐ左側も下地が波によって削られたようで、以前よりも 1.5m 近く低くなり、「海苔弁」「積木くずし」「火と汐」が現在は登れなくなっています。

今後も、波の影響で、下地の変化が予想されるエリアです。気長に見守って行きたいと思います。

P.Oウォール | コメントを残す

活動へのご寄付

先日、ご来島され富賀浜エリア、PO壁エリアを楽しまれた小見さまより、MFC口座にご寄付を頂きました。

「素晴らしく整備されたエリアと島の景観、なによりも連休なのに貸切り状態で楽しめました。」とご感想を頂きました。
MFCの活動は有志の島内メンバーのボランティアや補助金、寄付などで成り立っています。
小見さま、本当にありがとうございました。
来月またご来島とのことなので、是非まだまだあるルートを貸切り状態でご登攀ください。

新着情報 | Tagged | 1 Comment